営業職に興味がある

 

営業職と聞いてみなさんは何を思いますか?

・目標やノルマに追われる

・帰りがいつも遅い

・怒られる

・人格否定される

・辛い

こんな所でしょうか?

僕は営業をして7年のまだまだ全然半人前ですが

これから営業職を目指す方、または営業やってみようかな

と思ってる方は参考にしてもらえればと思います

①営業はみんなが思うほど辛くない

ノルマや目標は当然営業であれば、9割以上の会社があるでしょう

しかし、営業職が明確な「数字」があるだけで

事務職だって、管理職だって目標やノルマはありますよね

例えば人事部の人間は会社のお金で求人を出して

「いついつまでに○人採用しなさい」

みたいな目標もありますし、事務職であれば、月末月初の事務処理、給与計算

ノルマやタスクが確実に発生します

仕事を簡潔すると言う意味では双方同じですが決定的に違う点が1点あります

それは

営業は前倒しで終わらす事が出来る

と言う事です。

管理職や事務職は毎月のルーティンで確実にタスクやノルマはありますね

給与計算をまとめて3か月分やっちゃおとか出来ない訳です

しかし、営業職は案件の見込みなどから少なくとも3ヶ月~1年の状況は立てる事が出来ます。

与えられた予算を達成するのであれば事前にしっかり見込みを把握し、受注を前倒しで行う事で

年間の予算達成に向けて

ペーズ配分が出来る訳です

ルート営業や既存顧客への営業は少し変わってきますが、それでも考え方ややり方一つで

全然可能です。

忙しそうに見える営業職ですがやり方一つで

一番「暇」にもなれる職種でもあるのです

 

②大切な事は1つ

暇になる為の方法はたった1つ

誰よりも顧客に電話をする事です

提案の質だったり営業スキルも重要ですが

それ以上に

量は質を凌駕します。

なので誰よりもクライアントに電話をし

誰よりもアポイントに行く

これが一番の近道です。

多くの提案をするとその分多くの失注を経験します

その瞬間は人格否定をされた気になりますし、誰しもが凹みます

ただ人間は良い生き物で必ず忘れます

幼少期のいじめや虐待など深い傷であれば別ですが、営業で断られた事なんて

1ヶ月もすれば必ず忘れます

日本に法人登記されている会社は約400万社あります

他にもっといいクライアントは山ほどあるのです

1つ1つに一喜一憂せづに前だけを見ればいいのです

 

③高いモチベーションの維持

受注が思う様に取れないと気持ちは落ち込みます

その時に思い出して欲しいのは

入社当時に描いた目標です

誰よりも稼ぎたい

出世したい

顧客に喜んでもらいたい

楽をしたい

達成して有給を取りたい

旅行に行きたい

車が欲しい

何でも良いです

ちなみに僕は早く出世して

営業マネジメント側に回りたい

でした。

マネジメントが楽な訳では無いですが、当時のマネージャーを

見て現場に入らないのに僕の2倍もらっている上司が単純に羨ましかったからです

その上司がどういうプロセスでその位置まで上り詰めたのかを聞き

会社から与えられた目標では無く、そこのポジションに行く為の目標だけを見ていました

回りの同期や同僚は会社からの目標だけを見ているのでヒーヒー言っていました。

マネージャーに上り詰めるまでは2年かかりましたが、その中で少しずつ役職や会社からの

信頼がついてきてイメージとしては

勝手に給料が上がっていっている感覚を覚えています

 

④思っても絶対言わない事

営業をしていると必ずぶつかる壁があります

それは

「そもそも今販売してる商材って需要あるのか?」

と言う事です。

その時に見えてくるのは競合だったり他の業種の営業職です

「あの会社はいいな」

「あの会社は商品力があっていいよな」

「あの会社はネームバリューがあるから・・・」

隣の芝生は

じゃないですが良く見えるんです

しかし、思っていたとしても同僚と夜飲みながら愚痴ったりしてはいけません

ナゼいけないかと言うと

人間口にすると自然にそういう感情が表情や言葉に出てきます

自社の商品がダメなんじゃないか

と言うのが本人が自覚する前に顧客に伝わってしまうからです

自分では切り替えて営業しているつもりでも、クライアントは分かります

なので会社の愚痴を居酒屋で語っている様じゃ一生目標達成なんか出来ないんです

 

⑤最後に

営業をやっていると

「辞めたい」

「転職したい」

と言う事は必ずあります

どんなトップセールスの人間も必ずあるはずです

営業を辞めたいと思ってる人

そして、転職を考えている人

今の数字は過去最高の数字ですか?

過去最高の数字であれば転職もステップアップです

全然良いでしょう

ただ断言出来ますが営業を辞める時、過去最高の結果で辞める人間は

転職者の5%もいないと思います

少なからず僕が見た事は1度もありません

なぜなら

過去最高の売上の時は営業が最高に楽しいからです

そこでステップアップをするのであれば本質ですが

多くは数字が落ち込むタイミングでメンタル的なものが折れて退職します

どうせ同じ退職するのであれば、ホームラン打ってから考えましょうよ

見逃しの三振で逃げる様に転職するのやめましょうよ

次の職場で復活出来る可能性がゼロとは言いません

ただ僕が知ってる人は全員上手く行ってません

逆にホームラン打ってから自信をつけて転職した方や独立した方は

上手く行っています

転職先でも必ず前職の失敗は言わなくても回りに伝わります

 

まとめ

営業職はキツイです

その反面、楽しい事も沢山あります

何をしても続かない人、アルバイトや派遣社員、契約社員を転々をしている人

人見知りとか口下手とかイケメンとか3枚目とか関係ありません

1度営業の世界に飛び込んでみるのはいかがですか?

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.