もう広告代理店は儲からない

 

広告代理店にいながらこんな話をするのは嫌ですけど

広告代理店はもう儲からないです

儲からないと聞くとイメージが悪いですが

厳密に言うと昔ほど儲からないです

特に俗に言う「グレー」なクライアントを相手にしている代理店は

特に厳しくなって行くことが予想されます

 

グレーなクライアントって??

●出会い系サイト(大手ASPに出稿出来ない様な出会えない系のクライアント)

●メール占いサイト

●情報商材

●ギャンブル系の情報商材

●アダルトサイト

●かませサイト(最近あんまり見ないけど・・・)

●薬事上等な通販コスメサイト

など、クライアント側が結構イケイケなタイプの会社さん

 

やっていたから分かる

実は4年~5年前までこういうイケイケのクライアントさんや

代理店さんと取引してました。

そのクライアントや代理店がこの1年~2年本当に元気が無い

分かりやすく言うとどっちも

「儲かってない」

最近は減りましたが打ち合わせをすると、大体ネガティブな話になります

そして特に代理店の方は

数年前の

美味しい時期を経験したもんだから

麻薬の様に抜ける事が出来ない

新しいクライアントジャンルや新しい商材を全く勉強せずに

過去の遺産

いわゆるグレーな広告手法が無いかばかりを探します

まさに泥沼

 

もう広告もインチキは通用しない

SEOの業界でもGoogleがブラックハット(インチキ)はダメだよ

って事で、SEO業者を淘汰していった訳ですが

広告業界にも同じ事が言えます

GoogleがGoogleplayから「出会い」と言うワードを全て除外して

いわゆるグレーな商材を扱う企業の締め出しをどんどん着実に実行中

Yahoo!もステマの記事に対して激おこで、先日

「もう記事型広告でインチキする会社はYahoo!ポータルから外すからねー」

のリリース

インチキクライアントとインチキ代理店は市場からの締め出しがされている状況

これはSEO業界に近い動きだと僕は感じています

 

これからの代理店

これからの広告代理店は

法律に触れない商材を販売しているクライアントとホワイトな取引をし

広告の手法も媒体のガイドラインに沿った形でPDCAを回していくしかない

リスティング広告やDSP広告、タイアップ広告など

ルールに従ってルール通り広告を手掛けるしかないって事です

images

しかし問題もある・・・

ルールに従って広告を展開する事はどの代理店も当たり前として

捉えてはいるものの

問題があります

①利益が低い

リスティングの広告運用や、DSPの広告運用、アフィリエイト

代理店の利益はいい方で30%

相場は15%~20%

100万円の案件を取っても15万円~30万円の利益

昔の純広告や相場感が分からない媒体であれば

定価より高根で販売して、メディアの卸値を値下げ交渉する事で

利益を確保出来ていたものが純広告の減少により出来なくなってきています

広告商材以外の「制作」「コンサルティング」までの巻き取りが

必要になってきます

 

②グレーな商材が通らない

Yahoo!、Googleがガイドラインをどんどん厳しくしているので

今まで審査を抜けていた商材が通らなくなってきます

クライアントの商材が広告出来ないのだから、お金が動かない

つまり取引が出来なくなると言う事です

しかしクライアント側もそもそも商品認知が無いので

予算を捻出して広告を打ち出さないと売り上げが経たない

代理店はニッチな市場を開拓する為に

アフィリエイターや個人メディアに仕事の依頼をする様な

お金が動かない仕事をしなければならない

せっかく見つけたガイドラインがそもそも無い様な

個人メディアの純広告(メルマガやアフィリエイト、セミアフィリエイト)

は広告効果が合わずクライアントとの関係にヒビが入ってしまう

 

③効果が悪い

これが一番大きな問題です

リスティング広告もDSP広告もインフィードもソーシャルもアフィリエイトも

効果は悪くないんです

しかし

使い方次第です

使い方を間違えると広告効果がすこぶる悪くなる

これには理由があって

エンドユーザーが多種多様な広告に触れてリテラシーが上がったと言う事です

もう昔みたいに出すだけでユーザーを騙す時代は終わったと言う事です

だけどグレーな広告手法は騙せたんです

少し前のブログのステマやPR表記をせずにニュース記事風にユーザーの目に触れさせる

事で慣れていないユーザーは釣れたんですね

それももう終わりです

媒体側にどんどん規制が掛かってPRマークを付けるとか商品リンクを貼れないとか

直接のダイレクトマーケティング(売り上げ)を求めているクライアントには

魅力の無い広告になってきています

 

最終的に行きつく所

何か散々言いたい事言いましたが

グレーなクライアントもグレーな広告手法も

市場が縮小していくだけで当面無くなる事はないでしょう

特に代理店側の人間に言える事ですが

以外にそれぞれの代理店、営業によって独自の広告手法を持っていたり

します。

まぁそもそもクローズドな市場なので横同士情報を出したがらないんですよね

グレーな代理店で売り上げが下がっている所は連合体みたいに

売り上げ折半とかでお互いのノウハウを共有するのはどうでしょう?

そしてこれからの代理店は個人のトップアフィリエイターと

ビジネスパートナーとして蜜にやり取りをするべきです

その為に、Webの情報に敏感なアフィリエイターとは違うノウハウ

広告知識をしっかりと備える必要があります

もうインチキや小手先で通用する時代は終わりました

今こそ広告代理店はアウトプットを積極的にしてみんなで市場を盛り上げましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.