webの広告代理店の僕が2016年に伸びると思う業界3選!

 

Webの広告代理店に入ってから何だかんだで5年

メディアレップ(代理店に媒体を提案する側)

直販(直接クライアントに提案する側)

そしてサンマルライフを始めとしたメディア

この3つを経験した僕が2016年以降伸びてくるであろう業界を

予測してみました。

index

 

求人業界

僕のお客様の中でも特に広告費を使い

バブリーなのが求人です。

一時下火になりかけましたが、今一番勢いがあります。

特にweb広告市場の求人業界は激戦で、

一般求人から専門求人まで、競合との入札合戦が展開されています。

その分、広告を打った分反響があり、今の売り手市場も追い風となって

来年以降も求人業界は伸びるでしょう

 

金融業界

金融系も僕のクライアントの中で安定して広告のお取引をさせてもらってる

業界の1つです。

いわゆる消費者金融ですね。

求人業界同様に一時期、グレー利息などで下火になりかけましたが

ここ数年は元気です。

テレビや電車の中でも良くみる広告は消費者金融業界ですよね

アフィエイターも消費者金融からの利益が高い方多いですね

 

通販コスメ業界(若年層)

最後だけ少し具体的な内容になってしまいましたw

web広告に関わらず今までのクライアントの多くは

お金を持っている確立の高い

30歳以上の女性をターゲットとしてビジネスを展開してきました

もっとコアな所だと50歳以上の女性をターゲットにしている様な

会社も沢山あります。

お金を持っている可能性が高いのでターゲットとして全く間違っていません

しかし僕は2016年以降は

10代後半(下手したら中高生)~20代前半

くらいまでのセグメント

今までのF1層(24歳~34歳までの女性)から

F0層(15歳~23歳までの女性)をターゲットにした

商材が伸びてくると予想しています。

理由としては、やはりソーシャルです。

Twitter、Facebook、インスタグラムの影響ですね

そして僕の予想だと来年にもう1つくらい新しい大きなソーシャルが

出てくるのではないかと思います。

以前、インスタグラムの広告の記事を書きましたが

2016年以降はソーシャルでの広告運用が上手な代理店

クライアントが生き残るでしょう

だけど、カラコンとかマスカラとかじゃないんですよね

全く別の確度からF0層にリーチ出来る様な商材

何だろ・・・?

 

2016年がソーシャルでの広告元年だと思ってる

今までもFacebook、Twitterの広告はやってます

ただ来年からがソーシャルの広告の本番だと思ってます。

インスタグラム広告も来年以降本格的に中小クライアントの入札も激化してくると

予測してます

 

転職を考えてる方や業界を変えようと思ってる方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.