自衛官って普段何してるの?どんな仕事してるの?

   2017/01/13

こんにちは。

何となしに始めた自衛隊関連の記事が好評です。

色々な人に見てもらって、みんな自衛隊に興味あるんだなーと

感じてます。

自衛隊関連の記事

元自衛官がこっそり教える自衛隊で上手くやる、辞めた後のポイント

自衛隊時代に経験した地獄を語ってみる

元自衛官が語る自衛官と付き合うメリット・デメリット

【女性必見!】元自衛官が語る自衛隊コンを攻略する為にするべき事!

【現役自衛官必見!】自衛隊を辞めたい・・・そんな時に注意する事

_shared_img_thumb_PAK93_kenjyukamaeru20140405_TP_V

これから自衛隊に入ろうとしてる人や

現職の自衛官

自衛官と付き合いたい婚活中の女性

色々な人に見てもらえてますー

いつもありがとう御座います!

あっ!僕は元自衛官なんで

現職ではないですからねー

そんな僕ですが自衛隊や自衛官の事を分かる範囲

答えられる範囲で書いて行きたいと思います!

 

自衛官って普段何してるの?どんな仕事してるの?

気になりますよね?

警察官や消防団の方って何となくイメージ湧きますよね。

警察や消防であれば僕らの様な一般ピーポーでも接点がありますし

交番などに行けばいつでも見る事が出来ますからね

しかし、自衛官の場合普段見る事って中々ないですし

実際普段何してるのって方は多いのではないでしょうか?

災害や震災などで頑張っている姿はテレビなどで観ますが

それ以外の普段の業務って何してるの?

答え

 

職種によって変わりますが基本は訓練してます

僕が所属していたのは陸上自衛隊なので陸上自衛隊のお話をしますと

何も無い平和な日は基本訓練してます。

訓練と言うと少し厳しい、つらいイメージですが、東日本大震災の様な

未曾有の事が起こった時の準備をしているイメージです。

自衛隊にはそれぞれの役割の職種が存在します。

これは陸上も海上も航空も同じです。

仮に2011年の大地震の話をすると

テレビで見ていた、ガレキをどかしたり、人を救助するのが

普特機(ふとっき)と呼ばれる普通科、特科、機甲化の前線の隊員

手作業では難しい重機を使ったりする事が出来る施設科

その隊員や物資を現地まで運ぶ輸送科

隊員の寝床や食料、被災地の方のお風呂などを提供する需品科

それ以外にも

隊員の給料計算などをする会計科

隊員の士気を上げる音楽科

など陸上自衛隊だけでも15職種もあるんですよね

なのでそれぞれ、普段の実務も当然ありますが

例えば

施設科が●月●日に富士山で訓練するから

輸送科がその訓練を支援したり

共同で訓練したり

そんな事をしています

 

自衛官って忙しいの?

自衛隊に入隊しようかどうか迷ってる方は気になるんじゃないでしょうか?

何となく

厳しい、キツイ、辛い

イメージがどうしても自衛隊にはありますからね。

答えは

職種による

もっと言うと所属部隊による

って事です。

クッソ忙しい部隊もあります。

逆にコレでお金もらってもいいの?

って部隊もあります。

仕事がキツイか楽かは全て配属部隊に左右されるって事です

陸上自衛隊の場合だと約3ヶ月の前期教育期間を終えるタイミングで

希望職種を選びます。

大体第3希望くらいまで出します。

職種選定は本人の適正試験の結果にもよるので、

自分が希望した職種に入れる訳では無いので注意が必要です。

職種の教育(後期教育)を終えた後に勤務する部隊へ配属されます。

部隊配属は本人が選べる訳では無いので最終的には運です

同じ職種でも部隊によっては

緩い部隊もあれば、厳しい部隊もあります。

概ねのルールは統一されてますが、営内と呼ばれる寮生活は

部隊によってローカルルールがあるので、毎日掃除させられる部隊もあれば

そこまで厳しくしない部隊もあったりします

 

オススメの職種

The自衛官

体をバキバキに鍛えて、前線で活躍したい方は

前線の職種

普通科や特科、機甲化、施設課、などを選ぶと良いと思います。

 

逆に体力に自信が無い方などは

後方職種

輸送科や武器科、需品科、会計科などを選択するのが良いでしょう

 

注意しないといけない事は

どの職種に行っても自衛隊って事ですw

会社の目的が社会貢献や売上利益の拡大であれば

自衛隊は国防です

どこに行っても辛い時はつらいと思っておいた方が良いでしょう

しかしながら、選んだ職種と合わないと基本的に職種変換はかなり厳しいので

慎重に選ぶ必要があります。

4月は世間では新入社員の入社がありますが、自衛隊も新しい隊員が新隊員として

入隊します。

これから自衛隊に入隊を考えている方は是非参考になればと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.