【広告】オートなんとかとか自動最適化とか超胡散臭いって話

 

Webの広告代理店をしている僕は日頃色々な会社から提案を受けます。

Web広告の業界は特にスピードが速いので、新しい広告手法とか

システムとかマーケティング関連にアンテナ張ってないと

クライアント(顧客)に最新の情報や提案が出来ないので

「他社にマルっと仕事を奪われる」

何て事は日常茶判事で起こります。

なので、今だと

基本の

  • Googleのアドワーズ
  • Yahoo!プロモーション広告

は当然の事ながら

  • DSPのベンダー各社
  • ネイティブアドを中心の会社
  • アドネットワーク会社
  • アフィリエイトASP
  • マーケティングのシステム会社

などなど色々な会社から提案を受ける事が増えてます

クライアントとも打ち合わせをして、発注先のメディアとの

調整や帳尻を図る。これが代理店の仕事です。

今回はその発注先の会社あるあるを書いてみます

(弱小代理店の愚痴だと思って見てみて下さいw)

 

オーバートークすんな!出来ないなら出来ないって言え!

_shared_img_thumb_PAK25_konnaipadkowasu_TP_V

営業マンなら当然、数字の目標設定があるでしょうし、何とか売りたい気持ちは分かります

僕も営業経験ありますので、目先の仕事を取る時には多少オーバートークした事もあります。

だけど最近のweb広告回りで見ると

オーバートークがひどすぎる

いやね、オーバートークって受注を取る為に多少難しい事もクライアントに提示して

受注した後にそのしっぺ返しでその営業マンがオーバートークした分、クライアントの為に

寝ずに働いたりオーバートークした分をオーバートークにしないから

成立するもんだと思うんですよ

最近のweb回りの会社ってめちゃくちゃ優秀なエンジニアや技術者、経営者がやってるんだろうなー

ってのは分かるんですが

この辺の営業の基本がマジでずさん過ぎる

実際、新卒1年も経ってない営業を1人で普通に行かせたり、多分営業を本気で

経験したマネージャーがいなんじゃないかと思ってるくらいです。

技術勝負だからエンジニアの採用コストや工数に注力してるのか?・・・

製品を市場に広げていくのは営業ですよーーーーー!

その辺しっかり教育して欲しいと

マジで思う訳です

 

オートなんとかとか自動最適化とか出来ないなら言うな!

オーバートークってこれの事です。

去年くらいから流行ってる

オートCPA最適化とか

自動最適化とか

システムCPA最適化とか

もうね

出来ないなら言うなよと

いや分かるんですよ

特に代理店への営業ってなるとその先にクライアントがいる訳で

代理店に対しての営業は

手離れや作業工数をいかに減らしてクライアントと

自分達の利益の最大公約数が見えるかどうか

って事なので、

自動で獲得単価(CPA)を最適化してくれたり

自動で広告効果を合わせてくれるなら

代理店からすりゃー

超ハッピーな訳です

なので、各プラットフォームやベンダー、メディアの

言う事が叶うならば

もう win-win-win

の極みな訳ですよ

 

現実は、まぁ  ね・・・

現実は、オートなんちゃらなんて全く無いし

勝手に自動的にCPAを獲得なんかしてくれない

こんな事は分かってるんですよ

だって

クライアントの商品を買うのって最終的には見たこともない

エンドユーザーな訳で、いくらクライアントのセグメントやターゲットに

沿ってるからってそのユーザーの心理状態なぞ、webの管理画面で

分かる訳ないんですから

オートなんちゃらとかCPA自動最適化とか

ちょっとほっておくと

見た事もないメディア(媒体)に

超高額な単価で

バンバン広告が出るだけです

 

言うならアシスト機能

CPA自動最適化って結局、コンバージョンの

データが死ぬほどあって、コンバージョンまでの

導線をシステムで拾ってある程度その動きに近い

所に広告を出していくよーってものなので

結局は

クライアントも代理店も

昔からの地道な作業が必要って事なんですよ

LPはどうかな?とか

原稿のCTRはどうかな?とか

1ユーザーに対しての配信回数だったり時間だったり

入札(ビッティング)単価だったりね

結局は人が地道にやっていくしか無いって事で

勝手に広告ずばーっと機械で配信して

勝手に獲得する様にやってくれる

全員がハッピー

みたいなオーバートークは辞めろって話です

だったら

アシスト機能みたいなのもありますけども

まずは、やっぱり基本は地道な作業が必要ですよ

その辺は我々も一緒にサポートしますから

の方がよっぽど案件お願いしやすいし

信頼できるわ!って話です

 

パートナーである代理店も顧客

パートナーの代理店が多いのか、弱小の代理店が1社、2社減ろうが

痛くもかゆくもないのか、一応販売代理って言う肩書だし

立場的にはパートナーかもしれないけども

お金を払う以上顧客でもある訳で

メールの返信が超遅かったり

調べもせずにすぐにそれは無理って言ったり

約束の時間に遅れたり

会社が大手でお金持ってるからかどうか知らないけども

とにかく抜けてる営業がマジで多すぎると思うんです

少し前の広告だと直接メディア(広告媒体)側とのやり取りが

多かった訳ですけど、その時代の方はめちゃくちゃスピード感あったし

実際の提案も分かりやすく、

何とか売ってあげたい!

って気持ちにさせられたけど

今は本当にドライでそういう感情が残念だけど一切湧いてこない

やっぱり営業力が弱いんだと思う

 

めちゃくちゃ儲かってるんだから営業マネージャーを採用すればいい

良い製品を作ると代理店が勝手に販売してくれて

儲かったお金で良い技術者を雇う

って流れだと思うので、求人みると技術者の給料って

かなり良い待遇ですが、やっぱり

営業(マーケッターとかプランナー)

とか、結構な大手でも待遇が悪い

年収350万+インセンティブ

とか

売れたらインセンティブ払っとけば大丈夫

みたいなのが伝わってくる求人がいまだに多いんですよね

だったら、もうヘッドハンティングでも何でもして

優秀な営業マネージャーを採用して、新卒でも何でも

鍛えてくれよとマジで思います

 

結局、超期待してます

僕にはあんなシステムを作る技術や知識もないし

GoogleやYahoo!がブイブイ言わせてる市場で

これだけ会社が大きくなれるって、やっぱりどこの会社も

凄いって事だと思ってます。

リスペクトしてます

結局、僕らの力が無いから外部の会社さんにお願いしてる訳で

本来そこまで言うなら自分で作って自分で売ればいいがな!

って話なんでけどね

2016年も色々な事がありそうなweb広告業界

今年も頑張ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.