【2016年のweb広告】3ヶ月経ったので書いてみる

 

あとちょっとで3月も終わりですね。

2016年も既に3ヶ月経過しました

人並みですけど時間が経つのって何でこんなに早いんでしょうか

30代の10年は20代よりあっという間と言う言葉を先輩から頂きましたが

マジで30代の10年って気がついたら終わるんじゃないかと思ってきました

4月になると新入社員の歓迎会やお花見、新たな出会いがある一方で

退職や部署移動などのお別れの時期も多いですよね

個人的には4月~5月が好きな社会人は多い気がします

みんな大好きゴールデンウイークもあるし

今回は、僕のお仕事のweb広告業界のお話です。

2016年のweb業界の動きをまとめてみた

2016年もまだ、webで食えるって話

 

2016年のweb広告業界ってどうなるんや!?

みたいな事はメディア側もクライアント側も気になってるとは思うんですけど

それより絶対的に広告代理店で働いている方の方が気になるんじゃないかと思って

いつくか記事にしてみてます。

あとは専業のアフィリエイターの方もweb広告業界で生きているので

気になるんじゃないかと思ってます。

3ヶ月経過してみて実際現場で感じる2016年のweb広告をカデコリ別でまとめてみました

今回は2016年のweb広告が晴れなのか曇りなのか雨なのか

天気で例えてみています!

 

リスティング広告は曇り

_shared_img_thumb_ZUB_DSC_0300_TP_V

Google先生がPCで表示される右枠の枠を無くして

リスティング広告の枠を減らした事は有名なお話ですが

2016年のリスティング広告市場は曇りです

資金が潤沢にある会社と昔からリスティング広告に参入してる

企業が圧倒的に有利になっています。

後はGoogleが枠を減らした事が答えですけど、

ユーザーがリスティング広告の枠を完全に認知した

ってもの大きいですね。

友達の小学生の子供がタブレットでアニメとかゲームの事を

Google検索する時に

教えてもないのにリスティング広告の部分意外をタップするって話を聞きました

小学生でもリスティング=広告

ってのを認知している現状。

リスティング=広告って知らなかったので気がついたら買ってました!

ってユーザーは今後バンバン減っていくので曇り

 

ディスプレイ広告(DSP広告)は曇り時々晴れ

_shared_img_thumb_YOSX9810_TP_V

ディスプレイ広告は曇り時々晴れですね。

ディスプレイ広告もリスティングと同じ。と言うか

リスティング広告以上に広告色が強いので

今後ますますCVRは減少していくって思ってます。

ただ、動画広告とか大手媒体のビッグデータ(DMP)が使える様になったり

してるので、曇りから晴れたり、晴れたと思ったら曇ったり・・・

って感じになるんじゃないかと思ってます。

今年1年でもっともっと伸びないと今後苦しくなってくるかな

 

インフィード広告、ネイティブアドは張れ

_shared_img_thumb_YMD75_ishigakijimaaoiumitosora20120729_TP_V

特にスマホ中心のインフィード広告やネイティブアドは

今年1年貼れると思ってます。

実際使ってみて感じるんですけど、スマホのデバイスに沿った広告だよなー

ってヒシヒシ感じてますね。

記事型のランディングページを作ったりしてユーザーストレスにならない様にしたり

コンバージョン率を上げる様に各社考えてます。

法人レベルのアフィリエイト専業の会社や個人の専業アフィリエイターも

Yahoo!のインフィード広告使ってますよね。

アフィリエイトの場合、入ってくるお金と出ていくお金が出ていく広告費を下回ると

赤字です。

その専業アフィリエイトの方が参入するって事はやっぱり伸びしろや

使い勝手が良いって事。

 

記事広告やブログ広告は雨

_shared_img_thumb_erry15092552_TP_V

ニュース系の媒体で記事風にしたり、芸能人のブログ広告を使ったりするのは

2016年も厳しいんじゃないかと思ってます。

PR標記が明確になった事と原価がどんどん上がっている状況なので

単純に費用対効果が合わない

1発の配信で100万以上のコストが掛かる事はザラですし

リスティング広告やディスプレイ広告と違って効果検証や

効果改善が出来ないって所も大きなデメリット。

イケイケドンドンの企業よりは

リスクヘッジをしたいクライアントの方が多くなってます。

 

ソーシャル広告は晴れ

_shared_img_thumb_YMD75_ishigakijimaaoiumitosora20120729_TP_V

Twitter、Facebook、インスタグラム

ソーシャルを使った広告は今年1年もっと加速すると思ってます

最近のニュースで10代~20代の層は

検索エンジンを利用しない

ってニュースが出ていました。

理由は検索エンジンで検索しても嘘ばっかりだし

リアルタイムじゃない

って理由。

確かにリスティング広告やSEO対策で我々の様な業者が

しのぎを削っているのでおっしゃる通りですよねw

何かを調べたいと思ったら今は

ソーシャルで検索をする

ググれカス

って言葉がありますが

2016年は死語になるのかもしれませんw

 

【2016年のweb広告】まとめ

動きが早いweb広告業界ですが2016年は

2015年以上に戦国時代になってきそうです。

ポジティブな話をする企業もあれば

ネガティブな話しか出てこない企業もある

これは広告業界以外でも同じ事ですよね。

自分がやるべき事をしっかりやれば、業界問わず戦える

僕はそう思っています。

期も変わりますし気合いを入れて頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.