元自衛官が語る「ここがヘンだよ自衛隊!!」

   2016/08/17

自衛隊の記事、着実に読まれてます。

元自衛官で自分のドメインやサーバーまで借りてブログ書いてる方が

少ないからでしょうか??

自衛隊系のワードで上位表示されてるので、このブログのキラーコンテンツに

なりつつあるって言う

今後は自衛官の彼女とか自衛官の妻の方に読んでもらえる様な記事を書きたいと

思ってます。

自衛隊に関する記事を読みたい方はコチラからどうぞ!

今回は元自衛官が思う事をまとめてみましたシリーズです

 

ここがヘンだよ自衛隊

僕は陸上自衛隊に4年(2任期)勤務していましたが

働いていてヘンだなぁーと思う事がいくつもありました。

その中でも一番これおかしくね?

と思った事を今回は書いてみたいと思います。

それは

 

体力検定

_shared_img_thumb_OOK160214110I9A8787_TP_V

自衛隊では自衛官として勤務する為に定期的に体力検定があります。

僕が所属していた陸上自衛官は

  • 3,000メートル走
  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • 走り幅跳び
  • 懸垂
  • ボール投げ

この6つを1日で行います。

各種目には年齢ごとに基準が設けてあって

その基準より下回ると、再試験や賞与(ボーナス)の査定に

ほんの少しだけ影響したりします。

体力に自信がある隊員は別ですが、もともと体力に自信が無い隊員は

体力検定が近づいてくる度に憂鬱な気持ちになります。

そして僕が思う、ここがヘンだよと言うのは

体力検定がその人の人生を決めると言う事です

人生を決める??

その理由を説明します。

自衛隊には任期制自衛官と正式な自衛官の2つの種類で大きく区分されます。

階級で言うと

士と曹と言う2つの階級です。陸上の場合

陸士と陸曹

という形です。給与や待遇、やる仕事はそこまで大きく違いはありませんが

通常士の隊員は曹への選抜試験を合格しなければ

曹の階級にはなれません。

士の場合、任期制隊員となりますので通常

2年~長くても6年でクビになります。

なのでそれまでに陸上自衛官の場合ですが陸曹候補生選抜試験を

受ける事になります。

陸曹候補生の試験は

学科試験

体力検定

の2部構成です。

自衛官になるにあたって、最低限の自衛官の知識と体力を試験するのは分かります。

が僕が思うココがヘンだよ自衛隊と言うのは

体力検定の種目

です。

その中でも特に

ソフトボール投げ

51qfbvHOkaL

これが本当にセンスが無い。

かれこれ数十年前からやってる自衛隊の体力検定の種目らしいのですが

どうやら手榴弾を投げると言う想定でやる種目との事なのですが

このソフトボール投げの最低合格基準が確か20メートルくらいなんですけど

これがどうやっても投げられない隊員っているんです。

ソフトボールが飛ばないと言うたった1つの理由で

曹と言う階級になれず、自衛隊を退職に追い込まれる隊員がいます。

 

ボールをほとんど投げた事が無い人もいると言う事実

僕の同期のお話です。

彼は自衛官になるのが夢で、言われた事はすぐにやるし

聞き分けは良いし、後輩の面倒見も良い隊員でした。

足も速いし、腹筋もバキバキ。

体力は同期の中でも1番です。

自衛官としての能力は全く問題ない。

しかし彼は

小さい頃に球技を全くした経験が無く、

大きなソフトボールを投げる

と言う動作自体ほとんどした事が無かったのです。

つまり20歳を超えて初めてボールを投げる事を1から勉強する訳です。

ボールを投げる事をほとんどしなかった成人男性がいきなり20メートル以上

思いボールを飛ばすのはめちゃくちゃしんどいんです

彼は毎日ボールを投げる練習をし、部屋でもタオルを振って練習をしていましたが

結果

陸曹の試験でソフトボールは飛ばず、陸曹への道を諦める事になりました

 

ソフトボール投げだけは絶対におかしいと思う

自衛隊は常に若い隊員(血の循環)をしないとならない組織なので

毎年、新隊員の採用には多大なコストや人員を投下しているのに

数十年変わらない体力検定で優秀な隊員を逃すのは本当に機械損失だと

思ってます。

陸上自衛隊のヘンな所は昔からの良い所を削り

逆に古い所を残す。

この辺は自衛隊のヘンな所だと思ってます。

ソフトボール投げはもういっその事、違う種目に変更しても良いのではないんでしょうか?

 

まとめ

ココがヘンだよ自衛隊の第一弾

「自衛隊の体力検定」をお送りしました。

実はまだまだヘンだと思う所はあるんですが

今回は体力検定編と言う事で!

自衛隊の事で何か題材にして欲しい事があれば

コメント頂ければと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. トム より:

    ソフトボールなのかハンドボールなのかはっきりさせろよ。
    投げられる距離が
    全然違うだろ。
    確かにボールを投げたことのない人は苦労するだろうが、何年もあるんだから、ずっと勤めたいなら努力すればクリアできるだろう。

  2. 次郎 より:

    今では、体力検定から懸垂、走り幅跳び、ボール投げは無くなりましたよ。

  3. 元空 より:

    空でしたが、自分がいた一年前くらいから二種競技が選考に関係しなくなったとききました。
    自分もハンドボールは苦手で20mも飛ばなかったので体力検定は憂鬱でしたね(笑)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.