【暴露】元ステマ屋が語るアメーバブログステマの裏話

 

最初に言います。

僕は元ステマ屋でした。

 

5年前ブログ広告バブルだった

_shared_img_thumb_UNI16040516IMG_0017_TP_V

数年前に芸能人のブログを使ったステマって言葉が世間に知れ渡りました。

今でもこれはPRですよーとかCMですよーって事を明確にせずに

商品やサービスをオススメしたり紹介したりすると

「ステマ、ステマ」って騒がれますよね?

まだそんなステマが世間に広がる前に当時僕が働いていた広告代理店は

芸能人ブログを使ったステマ(ステルスマーケティング)が主力の商材でした。

まさにそれは、芸能人ブログ広告バブルと言う言葉が正しいくらいに

広告出稿主(クライアント)も僕ら代理店も儲かっていました

今回はそんな芸能人ブログステマからかれこれ、5年以上も経ったって事で

当時の事を少し書いてみようと思います。

 

芸能事務所と弱小web代理店が普通にやり取り出来た

_shared_img_thumb_PASONA160306540I9A2159_TP_V

当時、芸能人ブログ=アメブロ(amebaブログ)

と言うくらい次から次へと芸能人がアメブロを始め出していて

恐らく、アメーバブログ自体のアクセスも無料ブログのプラットフォームでは

一強と言う構図でした。

僕らの様な営業始めたばっかりです!

みたいな兄ちゃんが、女性が好きそうなコスメとかサプリメントの会社に訪問して

商品のターゲット層とかその辺をフワッとヒアリングして

ターゲット層が良く見てそうなブロガーの事務所に電話して

「1記事書いてもらうのにいくらですかぁー?」

「100万円?了解ですぅー」

ってな感じで担当のマネージャーとかと普通に会話出来たんですね。

そんで、提案企業に

「●●さんですけど、めちゃくちゃ30代以上の女性の読者が多くて

御社の商材PRしたら超売れますよ!」

「今はアメーバのランキングで4位ですよ!」

「値段は150万です!」

みたいな今思えば誰でも出来る提案で

クライアントから予算がもらえたんですよね

当時はクライアントも代理店も事務所も

ブログで記事を書く=当たり前

って感覚で仕事してました

 

ステマ時代の終わり

_shared_img_thumb_PPG_mushinikuwaretakareha_TP_V

僕らの様な代理店が

芸能人ブログ=儲かる

って事を風のうわさで聞きつけてどんどん増えてきました

ブロガーによっては

日記→日記→(ステマ)→日記→(ステマ)

みたいな感じでもはやブログでは無く

深夜にやる通販番組の様にステマの仕事をこなしていく

事務所も1回の記事で数十万、多い時には数百万入るので

まぁ楽っちゃ楽だったんだと思います。

そんなステマバブルにも終わりが来ます

ある芸能人の記事がめちゃくちゃに炎上してプラットフォーム側の

アメーバさんがついに本気で動き始めます。

もう買ってにステマさせんぞ

って事です。

 

ステマがなぜ炎上したのか?

_shared_img_thumb_LIG_h_agentjyuwohuku_TP_V

実はアメーバ側は中小の代理店がアメーバブログ上で

ステマやってる事なんぞずーっと昔から知ってました。

知ってましたけど、そこは天下のサイバーエージェントさんなんで

そんな小銭いらんがな

俺らはもっと大手のナショナルクライアント相手に大金扱っとんじゃい

ってな感じだったのかそこまで本腰入れてなかったんですよね。

当然、アメーバブログを運営しているサイバーエージェントさんでも

ブログ広告の提案はしてたんですけど

金額があまりにも高すぎたんです

あれだけの大企業だし、アメーバを無料で運営するコストもあるので

当然なんですけどね。

クライアントは広告費を1円でも安くしたいのでサイバーエージェントよりも

僕らの様な中小の代理店に仕事をお願いしてました。

そんなこんなで、そもそもブログのプラットフォームを運営してない

代理店がクライアントに提案するので後に大炎上してしまう1つのルールを

破ってしまったのです。

それは

グレーゾーンのクライアントをOKにしてしまった事

_shared_img_thumb_LIG_h_agentkusaridesibaru_TP_V

それまでのステマ広告は言ってもダイエットサプリメントであったり

ちょっとした化粧品だったり、まぁ一般的にサービスとしてはアリ

のクライアントが中心だったんですが

リミッターが外れてしまった代理店はいよいよ

グレーゾーンのクライアントに対してステマの営業を始めます

例えば

占い

出会いサイト

ペニーオークション(ペニオク)←超久しぶりに書いて笑ってしまったw

などです。

どのクライアントも世間一般的にサービスがアリかナシかで言うとナシ

それに当時からグレーゾーンのクライアントも広告の規制が厳しくて

広告出稿したくても審査が落ちてしまう状態

すなわち

広告費がたんまり余ってる状態だったんです

世間的にナシのクライアントを有名芸能人がステマしたもんだから

小さなシェアでシコシコ小銭を稼いでいたサービスが全国的に広がってしまいました

結果、ブログ広告のステマが世間に広がり大炎上

と言う結果です。

それくらい当時のブログ広告はパワーがあったんですけどね

 

ブログ広告が禁止されて

あのステマの一件があって、代理店界隈でも

「もうブログ広告は終わった」

と言う声が聞こえる様になりました。

今まで直接代理店からの仕事を請け負っていた芸能事務所が

次々と仕事を受けてくれなくなってきました

仕事(ステマ)のお願いをしても

「スイマセン。もうサイバーエージェントさんからダメって言われてるんです」

「次、勝手にブログ広告したらブログを消すって言われてるんですよ・・・」

ってな形で肝心のメディア(媒体)が使えなくなってしまいました。

そんな中でも小さな芸能事務所のいつくかはまだ隠れてブログ広告を請け負ってくれる

事もありました。

しかし、そもそものPVや芸能人のネームバリューが無い為、商品はあまり売れなかったし

それよりももっと、最悪なのが

ステマ記事が消される事もありました

記事が消されてしまうと、肝心の広告主から広告費をもらう事が出来なくなるし

芸能事務所側からは約束通りお金を払えと言われます。

単純に損するんですよねw

営業しながらそんなリスクを追う訳にはいかないので

代理店はブログ広告から次から次へと手を引いていきました

そうして一時のブログ広告バブルは終焉を迎える事になります。

 

元ステマ屋が今、思う事

ブログ広告自体は商品としてアリだと思ってます。

世間のアフィエイターだってブログから商品を購入してもらうって事を

してる訳で

アメーバブログに関してはその後

サイバーエージェント(アメーバブログ)を正式なフローで通せばOK

と言う事で各ステマ屋に提案が来ました。

しかし今まで50万くらいのブロガーさんが

200万くらいしますってなっていたり

もう売るなって言われてるくらいの値段の上がり方で

いくらクライアントに提案しても全く興味を持ってもらえませんでした。

僕は当時

「アメーバブログは殿様だ」

と言うのが口癖でしたw(人のふんどしで相撲してるのにw)

今振り返ってみると

確かに代理店はやりすぎだったし、クライアントだってイケイケではあった。

だけど、サイバーエージェント(アメブロ)も

もう少しあの弱小代理店やクライアントと上手くやれなかったのかな

って思うんです。

弱小代理店や中小のクライアントだって生きていくのに、生活をする為に

必死であって。確かにやり過ぎだし、人の土俵で好き勝手やってはいたけども

そういう奴らの使い方とか付き合い方もあるんじゃないかなと思う訳です。

大手だからそんな奴らは相手にしないよ

って事なんかもしれない

だけど、実際あのステマ事件で代理店が離れてから

アメーバブログを使う芸能人はどんどん減って

LINEブログに移行しているし

一般人だって無料ブログで最初に思うブログも

アメーバブログがファーストチョイスでは無くなっている気がします。

綺麗ごとかもしれないけども、もう少し

win-win-win-win

になれる方法や手段はあったんじゃないかなと思ってます。

 

ステマはもうしない

_shared_img_thumb_TC160130090I9A6530_TP_V

色々言いましたけど、僕はもうステマはしません。

ブログ広告が終わった後、実はwebの有力媒体の記事広告が流行ったりしたんですけど

あんまり積極的に提案はしませんでした。

結局、ブログがwebサイトになっただけで

本質がステマって事は変わらないですからね

ステマをするって事は

「これは広告ですよ」って事を隠して宣伝する訳で

そもそも商品力が無い事が多いんですよね

ライティングとかキャッチコピーとか外的な事で商品を売りつける

ってイメージが強いんです。

今、僕はいわゆる昔からある

webのコマーシャル

リスティング広告やバナー広告

その辺のSEM(運用の広告)を主軸にしています。

クライアント企業とゼロベースで1から広告展開をしていくので

やりがいがあります。

ただ、いわゆる利益率はかなり減ってしまったので

結構キツイです。会社に拘束される時間もステマ屋の時に比べて増えました。

だけど、webの広告屋としてこれから長く生きていくのであれば

絶対に必要なスキルだし、今取引させてもらってるクライアント様は

大事にします。

 

最後に

ステマ事件、広告代理店の裏話を少しだけ書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

皆さんの業界でも1つや2つ業界の裏話あるんじゃないでしょうか?

今度は自衛隊の裏話でも書いてみようと思ってますw

では

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.