【広告代理店】SEM運用するなら大なり小なりやっとけって話

 

ブログの更新が止まりました。

昨今厳しいと言われている広告業界ですがありがたい事に
かなりの案件を頂きまして営業、運用とバタついていました(←言い訳)

僕はweb専門の広告代理店に勤めて約6年ですがこの6年間で
新しい会社はバンバン出来るし、取引してた代理店や
メディアがバンバン倒産しました。

僕は代理店間の転職を1度経験しましたが、厳しいと言われている
広告代理店の中では売上は拡大している方だし、
仕事もある程度、裁量を貰って正直好き勝手している方ですw

30代を迎えて、正直な所

「このまま広告代理店でいいのかな?」

「webで食っていけるのかな??」

と考える事はありますが、まぁ頼りにしてもらってる
クライアントや取引先もいたりするので、とりあえずやれる
所までやってみるかって感じです

スマホに転換出来たかどうか

index

潰れていく広告代理店と成長する広告代理店

この2社の明確な違いは

数年前のスマホ市場にいかに早くシフト出来たか

と言う事だと思ってます。

「スマホ市場が伸びる」

と言う漠然とした話は出ていたものの

まだスマートフォンを持ってる人自体が少なく

広告の出稿主側も「ガラケー」での売上を重視していました。

数年前のあの時に「スマホ市場」にいち早く転換出来た会社は
今めちゃくちゃ売上伸びてるし、新しい事にチャレンジ出来なくて
売上を守る事に必死だった代理店は淘汰される結果となってしまった。

僕?w

僕はちょっとだけ遅かったけども乗り遅れはしなかった

ギリギリ「スマホ列車」に駆け込み乗車出来たと思ってますw

大きな予算と小さな予算

広告の営業や運用をしていると、本当に色々な広告主(クライアント)がいる

10万円の広告予算すら捻出するのに何か月も検討時間を要して広告を実施する
クライアントもいれば

1ヶ月に数千万の予算をまるでコンビニでジュースを買う様に
ポンッと使うクライアントもいる

面白いのが

10万円の予算のクライアントは小さな会社で

数千万の会社が超大手

では無いって事

10万円の予算の会社は上場もしている大手企業で

数千万の会社は誰も知らない超中小企業だったりする

両社の明確な違いは

「広告が儲かるツールである」

って事を知ってるかどうか

後者の会社は広告代理店や広告を上手に使う

前者の会社は広告の費用対効果ばかりに目を奪われて

クレームを連発し広告代理店の裁量をどんどん奪っていく

一見すると月数十万、数万円のクライアントはデメリットだらけに
感じるかもしれないけど、僕が言いたいのはSEMの運用するのであれば
どっちのクライアントも経験しておくべきって事

超大型予算のクライアントも最初は小ロット

初めてweb上で広告を展開していく企業がいきなり

数千万の予算を組むって事は限りなく薄い。

どんなクライアントも最初の広告は出来る限りのリスクヘッジをして
広告を出稿する。

そういったクライアントが広告を通じて利益を出したりする事で
今までの
広告=お金が掛かるばかりで効果が無い
から
広告=儲かるツール

とイメージが変わって

広告に対してイケイケ企業に変貌する。

細かいクライアントと丸投げクライアント

images

僕は大型の予算や1日数百円規模の予算を運用する事で
どうやったらクライアントのサービスを予算内で一番最適化するか
って事を自発的に考える事が出来ると思ってる。

大きな代理店だと大型の案件しか受けないし、運用する人間も
言われた事をやる作業員になってる事が多い

1つのスケジュール、除外キーワードを少し設定変更するだけで
内容の説明を欲しがる細かいクライアントもいれば

レポートの獲得単価だけしか見ない様な
丸投げクライアントも存在する。

そういった多種多様なクライアントの案件を運用する事が
今後webの広告代理店として生き残っていく中で一番重要になる経験やスキル
だと僕は思っている

webの広告代理店に転職したり新卒で入社しようと思ってる人に向けて

僕は言ってしまうと普通のサラリーマンだし、広告業界も6年とそこまで長い訳では
無いから偉そうな事を言える立場じゃない。

だけど、これからwebの広告業界に飛び込もうと思っている人にとってはこんな僕でも先輩になると
思うから少しだけアドバイスをするならば

3年はとにかく営業スキルを磨きまくる

に尽きると思ってる。

特にwebの広告は動きが早いし、次から次へと新しい広告手法や会社がバンバン出来てくるけど
本当にその会社で出席したり高い報酬、給料が欲しいと思うならば
最初の3年くらいはとにかく顧客(クライアント)側との時間を誰よりも多く作る事が重要。

新卒の方とかはキラキラした代理店営業をイメージするかもしれないけど
テレアポしてクライアント先に足を運んで、どの営業会社の営業も経験する泥臭い事を
とにかくやり続ける。

その中でクライアントから教わる事もめちゃくちゃ多かったりするし、慣れない営業をすると
怒られたり、クレームを受けたり上手く受注が上がらなかったりするけど
とにかく折れずに3年頑張る。

そうすると、数多くいるwebの代理店とは少しだけ違ったフィールドに行けると僕は思ってるし
こんな僕でも実際、それなりのポジションや仕事が出来る様になっている。

最後に

ブログの更新が出来なかったこの数か月、月並みだけど仕事に忙殺されていた。

だけど、6年目にして、webの広告代理店で働くコツとか
楽しさとか、広告で成功するポイントとか再認識する事も出来た。

久しぶりのブログでこんな固い内容になってしまったけど
これからまた、僕の会社にも新しい仲間が入ってくるだろうし
その人がこのブログを読んで少しでも心構えが出来れば嬉しいな
と思って書いてみました

少し余裕が出来たので色々書いていきますー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.