結婚式を間近に迎えアラサー男子が式場との交渉のポイント教えるよ

   2016/11/02

ook863_kekkonshiki_tp_v

実はあとちょっとで結婚式します。

結婚は2回目ですが(2回目の理由はコチラ)

前回はお金がほとんどなくて、挙式だけで、今回はおこがましくも披露宴までします。

今回は将来、結婚式をする予定の男子に向けて

「結婚式を間近に迎えアラサー男子が式場との交渉のポイント」を教えます。

結婚式なんてしなくても大丈夫っしょ!

みたいに思ってる男性は特にチェックして欲しいです

今回、自分が間近に結婚式が迫る中

あーしとけば良かった

とか

あれ止めとけばよかった

みたいな事をまとめてみました。

 

題して

 

結婚式を間近に迎えアラサー男子が式場との交渉のポイント教えるよ

いつか将来、結婚式をする人がこの記事を読んでいた事で

あーアレが役にたったわーw

と思ってもらえると幸いです。

 

 

式場との商談は思い切って行け

cds_weddings_tp_v

結婚式をする式場は大体2~4件くらい回るカップルが多いみたいです。

そんな中僕は結婚式場を5件見学していますw

 

結婚式場を短期間で5件回った僕が語る式場見学のイロハ

 

結婚式場のプランナーは本当にゴリゴリです。

大事な事なので2回言います。ゴリッゴリッです!

多分、某有名コピー機販売の営業くらいゴリゴリしてます。

実際、僕も同じ営業職なのでプランナーの気持ちは少し分かります。

結婚式場のプランナーに共通している事

 

それは

 

顧客とは一期一会

平たく言うと、目の前の顧客は今日契約を決めないともう必ず戻ってくる事は無い

そういう気持ちがビシバシ伝わります。

なので、

「今日決めて頂ければ」の即決特典がビックリするくらい値引きされますw

最初に提示した金額から20万~30万ザラに割引します。

多い所だと50万くらい値引きしますw

その値引き特典の共通点は「今日」契約をする事。

つまり今日契約が出来ないとこの値引きは適用しないよ

でクロージングを掛ける訳ですね。

プランナー側も一期一会なら、結婚式場をどこにするか考えているアナタも

一期一会です。

 

契約前の商談の場でしか思い切った事は出来ません

 

もう一回言います

 

式場選びは、契約前にしか出来ない事の方が結婚式は多い!

だからこそ、結婚式場を決める商談の場は思い切って行く事をオススメします。

 

式場の商談でのポイントって具体的にナニ??

結婚式場のプランナーはその日に契約する事しか基本的に考えていません。

なので

「とりあえずイイ式場だと思うけど持ち帰って検討します」

みたいな事を本当に考えたとしても

恐らくほぼ失注(商談失敗)と言う認識だと思います。

実際、その後の追客(顧客の実施確度の確認)などもほとんどありませんでした。

結婚式の見学会ってほとんどが、

綺麗なチャペル→広くてテンションが上がる披露宴会場→美味しいご飯→商談

の流れです。

ご飯を食べて心も体も満たされた最高の状態から生々しさ満点の商談が始まる訳です。

式場のプランナーとの商談で僕が思うポイントは

 

  • 式場をその場で決めたとしてもプランナーにはすぐに打ち明けない事

 

  • 金額の交渉は3回出来ると思って料金交渉する事

 

  • 料金の値下げだけで心躍らない事

 

の3つです。

 

 

式場をその場で決めたとしてもプランナーにはすぐに打ち明けない事

00_pp37_pp_tp_v

商談していて式場の雰囲気もバッチリ。プランナーさんの相性も良い、金額も予算の範囲内

「この会場に決めてもいいかな」

と思ったとしても、決してすぐには打ち明けない事です。

人間はポジティブな発言を自分からすればするほど、その方向に流れていく癖があります。

実際、プランナーもチャペル、披露宴会場の見学後には必ず

「凄く綺麗ですよね?」 「ここ凄くないですか?」

料理を頂いた後には

「お肉どうでした?」「デザート自信あるんですが美味しかったですよね?」

などのほぼ9割型「Yes」が取れる質問をしてきます。

人間は「Yes」の数が多ければ多いほど感覚的にそっちに流れてしまう生き物で

営業的に言えばテスクロ(テストクロージング)前のyes取り

なんて言ったりします。

もちろんイイものはイイ!って言ってもらって構わないのですが、結婚式は高額です。

その後の価格や条件の交渉の際に不利になる事の方が多いので、自分から決める言葉は最後の最後まで

言わない方が良いでしょう。

 

金額の交渉は3回出来ると思って料金交渉する事

貯金をしていて、結婚資金が潤沢にある方であれば別ですが、結婚式をする上で

掛かる費用、予算はほとんどの方が気になると思います。

特に僕と同じ男性側の方が予算を気にする方が多くないですかね?

僕の場合は結婚式をする上でのプライオリティ1番は予算でした。

結婚式は女性の為なんて言う方もいますが、女性の場合チャペルの雰囲気や

料理、披露宴会場の広さ、ウェディングドレスの種類なんかも気にされるかと思いますが

同時に予算や掛かる費用はその後の2人の生活に直結するものになるので嫌でも気になります。

僕が5回式場見学した際はどこもデフォルトで金額の値下げがありました。

最終的に決めた式場は

「これ以上の値下げは絶対に無理」

と言う2回目の値下げから

「じゃあ予算が合わないので難しいです」

とハッキリ伝えた所

さらに3回目の値引きが出来ました。

値引きの限界は当然あるのでしょうが、普通に考えて向こうも金額を少しでも刻んで

売上、利幅を大きくするのが仕事です。

1回目の値引きが大きすぎてビックリするかもしれませんが、後2回は価格交渉が出来ると

思って商談するのが良いかと思います。

 

料金の値下げだけで心躍らない事

yusei845_syoudanget_tp_v

僕の場合ですが最初の契約料金は想像以上に下がりました。

ゼクシィやウェディングパークに記載されている見積もりから

半分近く、最初の見積もり提示からは3分の1近く値下げする事が出来ました。

実際に目の前で数十万と言う大金がどんどん値引きされるので

一瞬心躍るかもしれませんが、実際に契約した後に掛かる金額がとてもエグイです。

新婦のドレス

テーブルのクロス

料理のアップセル

写真、映像、ケーキ、会場の花、会場演出

など値引きした金額などすぐに吹き飛ぶくらいのその後、お金が掛かるので

値引きが難しいと判断したら、どこまで持ち込みや式場以外の業者を使ってよいかなど

直接お金にはヒットしないけども最終的に安く収まる方の交渉に移った方が良いです。

式場紹介の業者と直接ネットで業者を探す場合だと、式場の利益が乗らない分かなり安く収まります。

式場で見積もり10万くらいの値引きであればドレス持ち込みOKにした方が安く済む

と言う事も実際に経験して学ぶ事が出来ました。

 

まとめ

以上がアラサーの僕が結婚式場を選ぶ上で感じた

結婚式場選びと商談のポイントでした。

これから結婚式をするカップルや、将来的に結婚式を考えている方の

少しでも参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.