元自衛官が自衛隊を辞めてサラリーマン生活を6年して思う事

 

しばらくサイトを更新する事が出来ませんでした・・・

本業の仕事が立て込んでしまって、

「あ。。ブログ更新せな・・・」

と思いながらもズルズルと日数が経過してしまいました・・・

楽しみにしていた方、申し訳ありません。。

また、ゆっくりと広告の事や自衛隊ネタ、アラサーの役に立つ最新情報などを
提供出来ればと思っています。

今回は自衛隊を辞めてサラリーマンを6年やった僕が思う事をまとめてみました

よく見る、2ch風の釣りタイトルをつけるとするならば

自衛隊を辞めて6年サラリーマンやった結果wwww

みたいな感じですかね?

Twitterやブログのコメントなどで質問を頂く事も多いので自衛官の方が
気になる様な質問をまとめています

自衛隊を辞めて自衛隊に戻りたいと思う事はある?

 

正直あります。

ただ、「自衛隊に戻りてー」

と言うよりは

「あぁ。。自衛隊の頃は楽しかったなー・・・」

みたいな感じです。

民間企業で6年間サラリーマンをしている僕ですが、民間企業の多くは

社内での出世競争や競合他社とのシェア競争など常に終わりのないマラソンをしています

少しでも気を抜いたら競合にシェアを奪われてしまって、給与や収入に直結します

収入が減ると言う事は戦争で言うと負傷した戦士

この民間企業のビジネス競争ですが、気持ち1つで楽しむ事も出来ますし

終わりの見えないマラソンに疲弊してしまう人は本当に多くいます。

疲弊と言うと例えば気持ちの病気になってしまって鬱の様になってしまったり

会社に行けなくなったりしてしまう事です。

僕は比較的、メンタル的には人よりも強い方だと自負していましたが

今まで2回程、本気で負傷してしまった事があります。

そういう時には、

「もう一度、自衛隊に再入隊して同期と楽しくやりたいな」

「何かもうがむしゃらに何も考えずにハイポートしてぇな」

とか考えたものです。

 

実際、自衛隊に戻れるとしたら戻る??

僕はもう既に自衛隊に入隊出来る年齢を超えてしまって30代になっています。

なので自衛隊に再入隊する事は出来ないのですが、仮に戻れるとしたらどうするか?

と聞かれると

「戻りたくない」

さっきの話と矛盾している様ですが、実際に自衛隊に戻れるよと言われても戻らないでしょう

それには3つの理由があります

僕がいた頃よりも陸士の待遇が悪くなっている

僕が自衛隊に入隊したのは今から約10年前です。

その頃と比べると新隊員の待遇や陸士の待遇は悪くなっています。

当時でも給料安っw

って思ってたのにもっと悪くなってるのはキツイです

 

集団生活が難しい

民間企業でも部署やチームがあります。

チームプレイで目標達成したり助け合ったりしてミッション達成を目指す訳ですが

自衛隊と違う事はプライベートまで一緒と言う事はありません。

仕事が終わって家に帰ると1人暮らしをしていたり、家族と一緒に暮らしています。

自衛隊を離れて6年経過して今からもう一度、集団生活をするのは難しいと思ってます

 

体力的にもう無理

最後はシンプルですw僕は元々体力に自信がある方では無かったので

正直20代前半の若さだけで何とか乗り切って来ました

今では30代に突入し、民間生活の不摂生で大分お腹も出てきましたw

正直、自衛隊の訓練を乗り越えるだけの体力は残っておりませんw

 

自衛隊から民間企業に転職して稼げてる?

正直「稼げています」

年収を言う訳にはいかないのですが、30代の僕が自衛官のどの階級に当たるかと言われると

「2尉」の42歳くらいの年収なんではなかろうかと思いますw

だだし、民間企業の場合は今の年収が一生涯保証される事なんてどこにもありません。

最近では東芝でも経営難になるくらいですからね。安定した企業なぞホント1握りです

毎日のスーツや取引先との接待などちょっとした事のお金が掛かってしまいます

もちろん家賃や水道光熱費なども自腹です。

自衛官時代の給与より上がらないと自分で使えるお金は僅かになってしまいますので

ドヤ顔出来る様な高級取りではないんですよね・・・w

ただ自衛隊の頃よりは時間やお金は多少、余裕があるかなくらいです。

 

自衛隊と民間どっちが楽しい??

これも良く聞かれる質問です。

僕の答えは

「自衛隊も超楽しい。民間企業も楽しい。」

自衛隊も楽しい事もあれば辛い事もあった

長い演習が終わって代休と土日を掛け合わせて人が少ない中、連休を取れたり

夏と冬には確実にボーナスが入って、みんなで飲みまくったり、遊びまくった。

訓練が辛いと言う悩みより、嫌な先輩や上司の悩みの方が多かった気がする。

怖い営内班長がいたり、女の腐った様な先輩もいたりした。

今でも自衛官の多くの悩みは人間関係だろうと思ってる。

 

対して民間企業は、ビジネスの全てが上手くいって「俺最強!」って思った事もあった。

自衛隊では絶対に稼げない様な金額の給与を貰った事もある。

しかし、その鼻をへし折られる様な嫌な事も数えきれない程あった。

信頼している会社や人から裏切られて一瞬で取引の全てが終わった事。

上司や同僚には自衛隊の時以上に癖があるヤツもいて人間関係の悩みだってある。

 

今でも、この「サンマルライフ」の多くのアクセスが

自衛隊を辞めたいとか、自衛隊に入隊したいとか

自衛隊を辞めた方がいいのか?それとも続けた方がいいのか?

とか、そういった悩みをもった人だ。

自衛隊は閉鎖的な組織だから誰にも相談できずに

藁にも縋る思いでこのブログにたどり着いたのかもしれない。

僕が、伝えたい事はたった1つで

自衛隊を辞めるにしても続けるにしても

決めるのは自分だ

自分の人生は自分しか決められない

そして

アナタの退職を止めてくる人や止めてくれる人には感謝の気持ちが

必要ではあるけども、その人がアナタの人生を守ってくれる訳では無い

自分を守れるのは自分だけだ

だから、しっかり考えて自分のやりたい事、進みたい事に進むべきだ

別に我慢する必要は無い。

そして、実際にその1歩を進みはじめれば、必ず物事は前に進む

自衛隊に入る前はあんなに不安だったのに、入隊式を終えて教育が終わった時には

あっと言う間だったはず

それは、自衛隊に入隊すると決断して、自分で1歩を踏み出したその勇気が歯車を回したんだ

自衛隊の組織が閉鎖的で辞めると言うのを言い出しにくい気持ちは十分分かる

だけど、本気でそこでやっていきたい気持ちがあればこれを見ているアナタはきっと成功出来る!

 

まとめ

少しだけ熱い文章を書いてしまいましたが、自衛隊を辞めたい人のアクセス数を見る限り

毎日、毎日、自衛隊の中で苦しんでいる人やその家族の人が多いんだろうなと思います

僕は

「自衛隊を辞めた方がいい」

とも

「自衛隊を続けた方がいい」

とも言いません。

だけど、僕は自衛隊を辞めて、民間企業で6年働いている「元自衛官」です。

なので、その不安な気持ちは分かりますし、実際に民間企業に入って後のフォローも

出来ると思っています。

何か悩みがあればいつでもメッセージかTwitterに相談してもらえればなと思います。

ちなみに自衛隊を辞めると決めた人にはコチラのページを見てみる事をオススメします。

参考になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.