【You Tube】元情報商材屋のヒカルが炎上。広告代理店の僕が思う事

 

ユーチューバーのヒカルが炎上しています。

キッカケはVALUと言う自分の価値をトレードする事が出来るアプリで

ユーザーを騙す様な事をした事がキッカケです。

この辺りは色々なサイトに分かりやすくまとめてあるので見てもらえればと思います。

ちなみに僕はユーチューバーではありません。

なのでユーチューバーの本当の実態を知っている訳ではありませんが、Web業界の広告代理店にいます。

インフルエンサーマーケティングやユーチューバーを使ったプロモーションを実際に企業に提案したりもする

仕事なので、今回のヒカルの炎上についてちょっと思う事を書いてみたいと思います。

 

ヒカルは元々情報商材屋

若い女性から人気のヒカルは元々胡散臭い情報を高値で販売していた

いわば情報商材屋でした。

僕は情報商材は100%の確立で詐欺だ!

と昔記事に書きました。

情報商材は100%詐欺!騙される人が1人でも減る為に現役の広告代理店が教えるよ

こんな記事を書いておきながら、情報商材屋さんの広告をお手伝いした事があります。

「情報商材屋の広告をやったならお前も同罪の詐欺や!」

そう言う方いるかもしれません。

その通りだと思ってます。

なので今は情報商材をメインにしたクライアントのお仕事はやっていません。

 

実際にヒカルの情報商材のマーケティング支援の依頼が来た事もある

直接的な取引ではありませんでしたが、数年前

当時ヒカルが展開していたビジネスの広告を提案して欲しいと依頼を受けた事があります。

広告の目的は

「金髪企業家 ヒカル」

みたいなブログを持っていてそこのメルマガリストを増やしたい

と言った内容だったと思います。

僕はリストが集まりやすい媒体を複数リストアップして提案をしました。

多分1つの媒体

5万~20万くらい全部で6つくらい提案をして100万くらいの広告提案でした。

ちなみに情報商材系の提案で100万は安い方です。

安い媒体で初回お試し的な提案です。

リストが大量に欲しい場合は300万~1000万くらいの提案になります。

 

ヒカルへの提案の結果は「失注」だった

当時僕が提案した媒体ですが結構な自信を持っていました。

クライアントのヒカルが目標とする無料のメルマガリストの人数は大幅に達成出来る見込みの提案でした。

しかし、結局提案した広告は全て「見送り」になったのです。

営業で言う所の「失注」です。

広告だけでは無く営業をやっていると「失注」はつきものです。

僕は「失注」した際、大事にしている事があります

それは「失注の理由」を必ず聞く事です。

これを見ている人の中にはそんなの簡単と思われる方もいるかもしれませんが

実はお断りや見送りをする人で正直に理由を話してくれる人はあまりいません。

会社の内情を正直に言うのが恥ずかしい人は

「会社として見送りとなりました。申し訳ありません」

などと言った形でフワッと断ってきます。

逆にこちらの提案に魅力を感じて頂けなかった場合も

「他事業の予算に注力する事になりました。」

的な形でふんわりとお断りします。いわゆる社交辞令ってやつですね

 

少し話が脱線しました・・・

ヒカルさんの場合は断った理由をハッキリと教えてくれました

失注の理由は

「広告予算が無い(お金が無い)から」

でした。

 

提案金額を抑えても広告実施はしなかった

実際に代理店から広告の見積もりを依頼したら思った以上に高く

財布事情から捻出する事が出来ない・・・

こんな事は広告業界だけでは無く提案営業をやっていれば日常茶判事です。

僕はすかさず

「全部実施して100万払う必要はない」

「仮に10万しか予算が無いのであればこの中から10万円分の広告を配信する」

と予算を小さく落とした再提案をしました。

しかし、結果は変わらず「失注」でした

 

情報商材屋のほとんどは貧乏

当時ヒカルさんがブログで集客したユーザーに対してどういった商材を提供していたかまでは

分かりません。

ただ、広告費を掛けてまで無料のメルマガ会員が欲しい訳ですから

集まったリストに対して高額な商材を販売していた事は間違いないと思います。

1つの情報を数万円で販売したり、インターネットで誰でも簡単に稼げるノウハウを

提供している会社や人の中には

  • 俺はこれだけ儲かって、今は毎月海外旅行して
  • 何もしなくても不労所得の様に金が入ってくる!

こんな書き方をしてユーザーを釣るやり方をしています。

ただ、実際当時のヒカルさんは、数万円の広告予算を捻出する事も出来なかったので

相当お金に苦しんでいたのではないでしょうか?

なぜお金持ちで年収数億円もあって不労所得の人が一般の人から高額なお金を取るのでしょうか?

なぜそんなに良いツールや情報があるのならそれを「無料」で教えるのでしょうか?

そんな事を良く考えて頂くと情報商材屋の実態が見えてくると思います。

ほとんどの人は「詐欺」と言う言葉が頭の中に浮かび、騙させる事はないでしょうが

実際に今もなお毎日騙され続けている人がいるのも事実です。

僕は言います

情報商材屋はちっとも金持ちでは無い。

ユーチューバーとしてデビューしたヒカル

それから3か月くらいしてヒカルは活動の場をYouTubeに変えていました。

恐らく情報商材のビジネスが儲からなかったかビジネスに伸びしろを感じなかった

といった所だと思います

しかしヒカルはユーチューバーとして一定の成功を収めました。

実際に僕も彼の動画をいつくか見ましたが、人を釣るスキルは本当に長けていると思います。

テキ屋の動画やゲームセンターのUFOキャッチャーで取れるまでやる系の動画の構成は上手いです。

情報商材系の人は言葉や文字で的確に魅力や情報を伝える事が必要になるので、ヒカルも情報商材屋時代の

スキルが生きたのではないでしょうか。

 

VALUの炎上はチマチマしたYouTubeよりもドカッと稼ぎたかったから

今回VALUでヒカルがインサイダー取引の様な事をして炎上しました。

実際に手にした金額は2,000万と言われています。

この炎上の影には当時ヒカルの情報商材屋時代の人間が絡んでいると言われています。

ユーチューバーとしても一定の地位を獲得する事が出来たヒカル

なぜこの様な詐欺的な事をしたのでしょうか?

答えは

ドカッと稼ぎたかった

これに尽きると思っています。

沢山のチャンネル登録者数が入って動画の再生数が伸びたとしても

YouTubeのビジネスモデルは「広告料」

実際にYouTube全体のトラフィックは上がっているものの、それに比例して動画の数も増えています。

結果としてユーチューバーに還元される広告費は年々下がっていると言われています。

もちろんHIKAKINの様な有名人になればCMオファーや企業オファーもあったりしますが

恐らくヒカルの場合は元の情報商材屋時代の件もあってナショナルクライアントはタレントとしては敬遠するでしょう

ユーチューブの広告費もあるものの

「もっと楽にドカッと稼ぎたい」

この思いが消えなかったのだと思います。

ユーチューバーに対しての賛否はあれど、せっかく戦いの部隊を

情報商材屋からユーチューバーにチェンジする事が出来たのに

彼はまた昔の悪い癖が出てしまって多くの人の信頼を失った

うーん・・・

ヒカルは頭は切れるけど、賢くないんだと思います

 

結局情報商材屋は全員「金の亡者」である

色々書きましたが、広告代理店として今回のヒカル炎上問題で

思う所を書いてみました。

先日大手ユーチューバー事務所のuuumがマザーズ上場したり

何かと話題のインフルエンサーマーケティング。

ヒカルの昔の動画で

僕は金稼ぎしたいんじゃない!社会貢献したいんだ!

みたいな動画がありましたけど

結局、情報商材屋に1回でも足を踏み入れた人間なんて

全員ほぼほぼ金の亡者です。

社会貢献なんて1ミリも頭の中にないって事ですね

ある程度の休業をしたら

「生まれ変わったヒカル」

的な感じで復活するんでしょうが

この休業期間は間違い無く

「今後どうやって炎上しない様に金を稼げるか」

の作戦を練る期間である事は間違いないでしょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.