元自衛官の「結婚相談所」をやろうと思っています

 

少し本業がバタバタしておりましてブログの更新が滞ってしまっておりました

楽しみにしていた皆さま大変申し訳ありませんでした。

2017年も残す所残り1週間を切ってしまいました。

30代に入った事で始めたこの個人ブログも3年目に入ります。

最近だとこのブログを見ているほとんどの方が「自衛官」「自衛隊」

と言うワードで検索してきてくれています。

少し当初の予定からはズレた気がしますが、サンマルライフは「元自衛官ブ」が

好き勝手色々な事を書き殴るブログに代わってきました。笑

少し早いですが今回は来年の2018年に僕が考えている事をブログに書いてみたいと思います。

このブログは現役自衛官の方や元自衛官の方も見てくれているのでもし興味があれば

いつでもTwitterやブログのコメント欄にメッセージを頂ければ嬉しいです。

 

元自衛官が提供する自衛官の為の結婚相談所をやろうと思っています。

来年の2018年に元自衛官の僕が提供する「結婚相談所」のサービスをやりたいと考えています。

正直色々な事を考えてこのサービスをやろうと思った経緯があります。

何となくやってみたいと言ったヒラメキでは無くて僕の実体験からも

「これは世の中的に需要があるんじゃないか?」と今は思っています。

今回は僕が来年に向けて「結婚相談所」をやろうと考えている想いを皆さまにちゃんと伝えたい

また、飽き性な自分に向けてのコミットメント(約束事)の意味も込めて書いていきます。

 

自衛官は出会いが無い?出会いがある?

僕のブログで何度か記事にしていますが、自衛官と言う職業は

出会いがありそうで無い、出会いが無さそうである

と言った少し特殊な職業です。

「うん??どういう意味?」

と皆さん思っているかと思います 笑

つまり

  • 出会いを自分から探そうと思えばいくらでも需要はある
  • 逆に自分から出会いを求めないと限りなく出会いがない職業

それが自衛隊、自衛官と言う職種なのです。

そして、僕が現役自衛官の4年間で

自衛官の結婚・恋愛について3つの結論を立てました

 

  1. 出会いを求めている自衛官は凄く多い
  2. 自衛官は意外に恋愛に消極的な人間が多い
  3. 自衛隊はコミュニティが狭い職業なので外部の人間が信じられない

 

今これを営内で読んでいる現役自衛官のアナタはギクッとしているのではないでしょうか?

それぞれの解説をしていきたいと思います

 

出会いを求めている自衛官は凄く多い

昔は若い年齢で結婚すると言うイメージの強かった自衛官ですが

年々自衛官の晩婚化は進んでいます。

日本全体で見ても晩婚化が進んでいるので自衛隊も例外ではありません。

年齢を重ねた独身営内者は一回り年齢の離れた隊員と寝食を共にしなけばならず

肩身の狭い思いをしながら生活をしています。

「出会いは欲しい」

「早く結婚したい」

と本気で考えている自衛官は凄く多いのです。

 

自衛官は意外に恋愛に消極的な人間が多い

ではなぜ結婚出来ない独身自衛官が多いのか?

それは、自衛官の多くに恋愛に消極的な人が多い為です。

恋愛に消極的と言うのは

「恋人なんかいらないし・・・結婚もしたくない・・・」

と言った消極的な姿勢ではありません。

「何となくいい出会いがあれば・・・」

と言った少し他責(他人に委ねる)ようなイメージで恋愛や結婚について

考えている隊員はめちゃくちゃ多くいます。

平たく言うと

「誰かの紹介で、イイ感じに軽くライン交換して何となくイイ感じにご飯一緒に食べてイイ感じに付き合いたい」

みたいな感じです 笑

伝わりますかね?都合がいいですよね? 笑

イメージを分かりやすくすると

自分から婚活パーティーに参加したり、出会い系サイトを使ってみたり、合コンに参加したりを一切しません。

何となく「誰かいい人紹介してくれないかな?」って毎日思っています

こんな感じで恋愛消極的な隊員が多い事が自衛官の特徴です。

ちなみに僕の同期で自衛官から警察、消防に転職した友人が2名いますが、

自衛官よりも警察官や消防士はもっと恋愛に対して積極的との事でした。

 

自衛隊はコミュニティが狭い職業なので外部の人間が信じられない

警察官や消防士の方は恋愛に積極的なのになぜ自衛官は消極的なのか?

それは、自衛隊と言う組織の特徴が影響しているのではないか?

と僕は考えています。

僕のブログには何度か書いている通り、自衛隊はとても閉鎖的な職場です。

警察や消防士は仕事上で民間人の私たちと触れ合う機会が多いですが

自衛官の場合災害時などを除くと限りなく少くほとんどが自衛隊の中で仕事をします。

また独身者は自衛隊の寮の様な「営内」で生活をする事になります。

365日のほとんどを自衛官の先輩や後輩、同期と生活をする訳です。

そうすると外部(民間人)の人間があまり信じられなくなるんですよね。

なので、例えば自衛官の合コンとか自衛官のお見合いパーティーとか

かなりの数が開催されているんですけども

「何か騙されるんじゃないか?」

「怪しんじゃないか?」

「部隊にばれてしまうんじゃないか?」

とか考えてしまって1歩が踏み出せないと僕は思っています。

 

だから僕は元自衛官の結婚相談所をやりたい

元自衛官の為の「結婚相談所」をやろうと思ったキッカケは

自衛官の多くは出会いを求めている事

自衛官とお付き合いしたい女性(男性)はとても多いと言う事

の2つです。

僕はその多くの人の悩みを解消したいと言う想いから

元自衛官が提供する「結婚相談所」をやろうと思っています。

結婚相談所はパーティーや合コン、街コンの様な複数人で出会いを提供する訳では無くて

僕が間に入ってお互いのタイプや性格などを把握した上で紹介する様な形です。

なぜ「結婚相談所」かと言いますと

僕が出会いのパーティーや合コンがとても苦手だからです。

私は自衛隊を辞めてから昨年結婚しましたが、結婚する妻とのキッカケは

知人の「紹介」でした。

僕は現在、初対面の人と多く会う仕事をしています。

それでも見ず知らずの人が多くいるパーティーや街コンや合コンはとても苦手です。

恋愛に積極的、消極的関係なくそういった場所が苦手な人はとても多いのではないかと僕は思っています。

 

自衛官はモテるんです

お笑い芸人のナインティナインの番組でお見合い大作戦 自衛官の花嫁

と言う番組を見た事がある方は分かると思いますが、現役の自衛官のお見合いに対して

大量の応募が来たと聞いています。

強く、たくましい自衛官が好きな女性(男性)はとっても多いのです。

僕はそんな1歩が踏み出せない自衛官の背中を押す様な仕事をします。

また、自衛官とお付き合いしたいけどもパーティーや合コンで失敗してしまった

そういった感じは信じられない人にもしっかりとフォローします。

 

まとめ

2018年「自衛官の結婚相談所」をやろうと思っている訳ですが

これから準備をしなけばならない事が沢山あります。

今は、結婚を斡旋する様な仕事を勉強している最中です。

専用のWebサイトも作らなければならないし、多少の自己資金で広告を出してみたり

実際に事業が動き始めたら、お客様とのヒアリングの時間も必要になります。

もちろん、やるからには本気で取り組みしたいと思っていますし

1組でも多く最終的なゴールでもある結婚まで後押ししたいと思っています。

まだ本格的なサービス開始は先ですが、気になった方はお気軽に

Twitterのメッセージかお問い合わせまでご連絡ください。
(もちろんお金を取ったりはしませんのでご安心くださいね 笑)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.