依願退職で自衛隊を辞めると言う事

 

3月は別れの季節・・・

今年も自衛隊を除隊する隊員が多くいると思います。

任期制隊員であれば、2年からどんなに遅くても9年の期間で

曹の階級に昇任しない限り自衛隊にいる事は出来ません。

多くの任期制隊員が自衛隊から去る中、4月には新たに自衛隊の門を叩く多くの新隊員がいるのです。

任期制隊員が任期満了して除隊した場合、民間企業で言う所の契約を終えて自衛隊を円満退職します。

回りの先輩や後輩から「外でも頑張れよ!」と温かい声を掛けて頂いて除隊します。

除隊式と言う式典まで開いてもらって盛大に見送りされます。

その陰で一般曹候補生の隊員の除隊や、任期を前に除隊をすると「依願退職者」

と言う扱いに変わります。

除隊式典は無く、回りの目を気にしながらひっそりと自衛隊を去る事になる事を知っていますか?

今回はそんな、自衛隊を依願退職するという事のポイントをまとめてみました。

自衛隊は依願退職をさせたくない

自衛隊は基本的に依願退職に対してネガティブな考え方です。

理由は2つあります

1つの理由は

日本の自衛隊の核として採用した隊員が辞めてしまう

です。

これは一般曹候補生や自衛隊幹部候補生などの隊員が依願退職をする場合。

この場合、自衛隊の試験に合格し、入隊する段階で将来的に

自衛隊として核となる仕事を任す事が出来る。

と踏んで採用しています。

もちろん全員が全員、自衛官を辞めずに将来的に災害や防衛の仕事をしてくれるとは

考えていないものの、やはり自衛隊の組織としては辞めて欲しく無いと言うのが本音です。

そもそも辞める事を前提として採用していないので自衛隊側からすると当然ですよね。

これから入隊を考えている人は覚えておいた方がいいでしょう。

 

そしてもう1つの理由

部隊として任期満了まで隊員を教育、育成出来なかった

です。

任期制隊員が任期満了前に依願退職するケース

実際、僕の同期でも数多くいます。

この場合依願退職をするタイミングによってかなり状況が変わってきます

新隊員教育などの部隊配属される前に依願退職する場合

実際に部隊配属される前の段階。

新隊員前期教育、新隊員後期教育に所属しているケースは

辞めたい理由や、辞めてからの生活などかなり細かく聞かれます。

「一旦頭を冷やしてから考えてみてはどうか?」的な事を班長や隊付きなどから

言われると思いますが、本人が強い意志を持って「辞める!」と説明出来ればすんなり辞められます。

と言うのは、自衛隊の教育期間と言うのは会社で言う所の「使用期間」の様なものです

  • 民間企業でも本人がその会社にマッチするのか?
  • 面接などでアピールした仕事が出来るのか?

などをお互いにすり合わせする時間を要します。

最悪、ミスマッチが起こってしまったらお互いに損が無い様にしておこうね。

みたいな感じで多くの企業は3ヶ月間くらいは「使用期間」として採用する場合が多いです。

新隊員の時期も使用期間の様なもので、訓練や自衛隊の生活についていけない隊員はいるだろう

と言う想定の為、依願退職しやすい時期となります。

ちなみに僕の前期教育では、坊主にするのが嫌で辞めた隊員がいました 笑

自衛隊に入隊して3日くらいで依願退職w

ガチンコファイトクラブみたいでしたねw(古いかw)

任期制隊員が依願退職をするケースで問題なのは

新隊員教育を終えて部隊配属されてからの依願退職です。

こうなると新隊員教育の頃とは大きく状況が変わってきます。

理由は簡単で、新隊員教育を終えて部隊配属されると

その所属部隊が会社。いわばアナタの親の様になります。

それぞれの部隊には自衛隊の超お偉いさんが決めた隊員の「枠」が決まっています。

その枠と言うのは部隊の評価の様なもので

  • 隊員をキッチリ任期満了まで教育・育成したか?
  • 曹や幹部の試験を何名受けさせたか?
  • また何名くらい合格者を出したか?
  • 部隊の隊員が事故や問題行動を起こしていないか?

などがあります。

良く、○○の部隊は曹の枠が多いとか受かりやすいとか聞く事がありますが

やはり自衛隊としても問題が少なくキッチリと任務を完遂する部隊に

若く優秀な隊員を送りたいと思う所でしょう。

そして、もっと厳しいのが幹部や曹の階級での依願退職

幹部や曹の依願退職は部隊として全力で引き留めます。

曹や幹部の階級で依願退職をする場合はかなりの強い意志が無いと難しいでしょう。

はっきりと断言はできないですが、部隊にとって依願退職をさせてしまうと言うのは

多少なりともマイナスポイント、組織の傷になってしまうのではないでしょうか

部隊に止められる前にもう一度よく考えてみては??

任期制隊員の方で自衛隊を依願退職しようと思っている人は

もう一度よく考えてみても良いと思います。

自衛隊の訓練や規則がきつくて辞めたい

キツイ訓練はいずれ終わります。楽な時もあるでしょ?

門限や規則だって、みんなやってる事だしそんなに遊ぶお金もないでしょ?

 

先輩や上官の風当たりが強くて辞めたい

あと数年の任期頑張ったら満額で任満金(退職金)が出るし、

辞めた後はそのムカつく先輩とも一生会う事はないからw(←実体験)

 

大学生の友達や民間企業が楽しそう

学生が楽しそうなのは当たり前だし、大学生がつまんなそうだったら嫌でしょ?

民間企業は一見、自由で楽しそうに見えるかもしれないけど

その分自衛隊とは違ったストレスや責任があるんだよ?

 

繰り返しになるけどもしコレを見ているアナタが任期制の隊員だとしたならば

数年頑張ったら誰からも止められずに笑顔で自衛隊を去れる事が出来るんだからもうちょっと頑張ってみたら?

依願退職は何かと肩身狭く、立つ鳥跡を濁しまくる事になってしまうよ?

回りを動かして止まるくらいの感情だったら任期まで続けた方が絶対にイイし

万が一、先輩に止められて依願退職を引っ込めるくらいの気持ちだったら我慢した方が絶対にいいです。

ゆっくり1人で良く考えてみてはどうでしょうか?

依願退職する前に準備しておく事

本気で依願退職する人は

やりたい事が明確ですぐにでも始めなければならない人

自衛隊の仕事や生活でストレスが限界を迎えて体や心に支障をきたしている人

この様に誰が見ても「辞めても致し方ないな・・・」

と言う人でしょう。

自衛隊を辞めた後に

  • 衣食住は確保されているか?
  • 仕事や学校など自分の中で決めているか?
  • 自衛隊を辞めた後の未来図がしっかりと見えているのか?

この辺りがとても重要になります。

「あっ・・・俺、自衛隊辞めたいかも??」

と思った段階から、しっかりと準備をする事が大切でしょう。

サンマルライフには自衛隊を辞めたい人向けの記事がいくつかありますので

紹介しておきますね

【現役自衛官必見!】自衛隊を辞めたい・・・そんな時に注意する事

自衛隊を辞めると決めた人は

まとめ

自衛隊を依願退職すると言う事は、状況によってハードルの高さが変わってきます。

自衛隊を辞めた事に後悔している隊員が多いと良く聞かされると思いますが

それは全て辞める前の覚悟と準備不足だと僕は思っています。

このブログを参考にして1人でも多くの方が良い形で依願退職出来ればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.