自衛隊の人間関係で悩む前に実施する事

 

どうもこんにちは

楽しかったゴールデンウイークもアッ!と
言うまに終わってしまって憂鬱なサンマルです

脳みそを仕事モードに切り替えて日々孤軍奮闘している訳ですが
最近仕事の人間関係で嫌な事がありました

普段あまり、人間関係のトラブルや悩みは少ない方だと思っていたんですが
実際自分に起きてみると思った以上のストレスです

そんな事もあってか、「そういえば自衛官時代にも人間関係の問題ってあったな」

なんて思いだしてしまって今回のタイトルです。

自衛隊の人間関係のトラブルが起きやすい理由って?

僕が自衛官として働いた期間は4年と短い期間ではありましたが

そんな少ない時間でも回りの人や自分が人間関係のトラブルで悩んでいたり

巻き込まれている場面はかなりの数見てきました。

なぜ自衛隊は人間関係のトラブルが起きやすいのでしょうか?

僕が思うに理由は2つあります

  • 強烈な縦社会
  • 狭いコミュニティ

この2つです。

強烈な縦社会

自衛隊は階級社会です。

仮に自衛隊の事を全く知らない人でも幹部や隊長などと聞けば「偉い」

と思いますよね?

もちろんその通りで階級章で役職や仕事内容は変わってきます。

基本的には階級が上の人間が階級が下の人間を使って任務遂行します

しかし、日本の自衛隊には暗黙の了解があります

それが

「自衛隊は飯食った数」

です。

何が言いたいかと言うと、頭が良く階級が上だとしても

自衛官として自衛隊での飯を食った数が多い方が偉い

つまり、勤続年数が長い方が偉いと言う事を言っているのです

年齢も性別も学歴も関係なし、どんなにポンコツであろうと

優秀だろうと長く自衛官としての仕事をしている人間が偉いと言う事です。

みんなの前の大事な部分では小隊長がタメ口で部隊を指揮するものの

裏側(オフの時)などは隊付きなどに敬語を使う

なんて事は自衛隊あるあるではないのでしょうか?

強烈な縦社会(階級社会)の様に見えて、大昔の日本の大企業の様な文化も

入り混じっているのが自衛隊なのです。

こういう少し歪んだ微妙なローカルルールが人間関係トラブルの引き金になると言うのは

良くある事です。

狭いコミュニティ

自衛隊と言う組織は非常に狭いコミュニティです。

警察や消防などと比べて外部と連携して仕事をする機会が非常に少なく

有事以外は基本的に部隊の中で1日の仕事が完結します。

所属部隊によっては朝から晩までずっと同じ人間と1日中共に過ごす事も珍しくありません。

そうすると、中には自衛隊の縦社会を履き違えて

  • 自分は絶対的に偉い
  • 部下は自分のパシリ

などと思う人間も必ず1人や2人出てきます。

年齢も2つか3つしか変わらない先輩に

理不尽にコキ使われたらそりゃストレス溜まりますよね

今でこそ自衛隊も暴力にかなり厳しくなりましたが

昔は本当に酷く、まるで、や〇ざの様な縦社会だったと聞きました。

今でも自分の立場を勘違いしている隊員は沢山いると思いますし

その理不尽な仕打ちで苦しんでいる人も多いのではないでしょうか?

それもこれも、自衛隊の特徴の狭いコミュニティが影響していると思います。

自衛隊での上下関係でのお話

僕が聞いて驚いた話を1つします

ある先輩が仕事の休憩時間に後輩隊員に対して

みんなの分のジュースを買って来てくれとお願いをします。

先輩が後輩に対してジュースを奢ると言うのは部隊によりますが、良くある話です。

後輩は分かりましたと言って先輩からお金を受け取ります

しかし、その先輩が渡してきたのはお札では無くその辺に落ちている葉っぱでした

後輩があっけに取られて苦笑いしながら

「どういう事ですか?」

と聞くと

その先輩は激高し

「いいから買ってこい!!」

と言ったそうです

もちろん落ちている葉っぱでジュースは買えませんw

その先輩が何を言いたかったかと言うと

黒いものでも俺が白と言えば白

俺が葉っぱでジュースを買って来いと言えば葉っぱでジュースを買って来い

と言う事だそうです

もちろん、ジュースは後輩が一旦お金を建て替えて買う訳ですが

その後先輩は後輩に対してお金を払います。

どうでしょうか?

理不尽ですよね?www

でも、こういった小さい事が自衛隊でちょくちょく起こります

そして、自衛隊がそういう組織なのだと慣れるまでの期間

人によってはかなりのストレスを感じます。

小さな人間関係のトラブルがその内大きくなって

狭いコミュニティの影響もあって噂が噂を呼び結果として自衛隊を辞めてしまう

ケースもあるのです。

自衛隊の人間関係で悩む前にやってみる事

  • あの先輩、後輩ストレスだな
  • あの人と一緒に仕事したくないな
  • 来週のアレ、憂鬱だな

そんな人間関係の悩みの種が大きくなる前に実施しておくと良い事が1つあります

それは

自衛隊以外のコミュニティに参加する

と言う事です。

例えば

学生時代の友人と話をしてみたり

恋人とデートをしたり

友人や恋人がいない人は自衛隊以外のパーティーに参加してみたり

もしくは何か勉強会の様なものに参加してみるのも良いかもしれません

とにかく自衛官以外の人間との接点を多く持つ事をオススメします

外の人間と会っても今の俺の悩みや問題は何も解決しないよ!

と思ったアナタ!

少し甘いです!

これは、実際に僕が行った自衛隊ストレス除外法の様なものでして

自衛官以外の人と会話をしたり、触れ合う事で

「あー世間ってこんなに広いのか・・・・」

と言う事をめちゃくちゃ痛感させられます。

僕は自衛隊時代からこの独自の外の世界を見ておく事を実施していたお陰で

実際に自衛隊を辞めて民間企業に転職した時もスムーズに入る事が出来ています。

自衛隊にずっといて、回りの自衛官とばかり遊んでいると自分の視野はどんどん狭くなっていき

傍から見たらめちゃくちゃ小さな悩みが、本人の心の中では大きくなってしまって病んでしまうのです

世間ではもっと、もーーーーーーーーーーーーっと凄い悩みや問題を抱えている人が

めちゃくちゃ沢山いる

と言う事を認識する事が自衛隊の人間関係のストレスの解決の1歩になるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログのコメント欄で自衛隊の人間関係のトラブルはあるあるになっていますが

自分の視野を広げて心の傷を最小限にする事で、最終的に人間関係のトラブルにも強くぶつかる事が出来ます。

心が弱ってしまうと、どうすればいいのか分からなくなってどんどん苦しくなってしまいます。

まずは自分のメンタル、心が病む前に行動を起こしてどうすれば今の状況から良くなるかを

冷静に考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.